インターネットビジネスで知っておかねばならない言葉を紹介。初心者・ど素人・後発組ビジネス向上に必要なアフィリエイト・SEO・情報起業・FX・健康関連ダイエット・老化予防対策等推奨情報も掲載

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

インターネットビジネス必須役立つワード&推奨情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SEOとは、

ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。また、その技術。
検索エンジンに高く評価されるサイトを制作し、キーワード検索の検索結果の高位置を狙う技術や制作手法をいいます。
検索エンジンがHTML ページの中だけを評価して検索結果の順位を決定していた時代には、SEOは単にHTMLをチューニングする技術でした。
現在の検索エンジンは、検索エンジンのユーザーの利便性を高めるために、一般のユーザーに支持されるサイトを検索結果の高い位置に表示します。
検索結果の順位はサイトの実力を反映したものとなったのです。このため、現在のSEOは、ユーザーに高く支持されるような、実力の高いサイト制作を行う技術や手法にまで発展しています


キーワードが占める割合によって適合度を算出
検索エンジンが検索キーワードとWebページの適合度を測る指標の1つとして、キーワード出現頻度があります。検索キーワードがどれだけ含まれるかの割合によって、Webページの重要性を判断するものです。特定の語句が高い割合で含まれる文書は、割合の低い文書に比べて、その語句との関連の深い文書であるといえます。そのことから、検索エンジンは、基本的にはキーワード出現頻度の高いWebページに対して強い重みを付けを行います。(ただし、同じキーワードを多数詰め込むことで検索エンジンの評価を高めようとしたスパム行為が行われた歴史への反省から、あまりに高いキーワード出現頻度に対しては、スパム行為によるものだとして評価を落とします。)

キーワード出現頻度の調べ方
キーワード出現頻度は、次の式で算出します。

キーワード出現頻度(%)=特定単語の使用数/ページ内で使用されている単語の総数X100

このとき、「ページ内で使用されている単語の総数」とは文書内の文字数・文字量ではなく、文章を構成する個々の単語のことです。例えば、「朝の天気予報」という文の場合、単語に分けると「朝/の/天気/予報」という4つの単語に切り分けられます。この文での「朝」という単語のキーワード出現率は、1/4X100=25(%)となります。

キーワード出現頻度の適正な範囲
最近の検索エンジンは、キーワード出現頻度をスコアリングに用いる際、単に割合の高さを重視するのではなく、適正な範囲内に収まっていることを重視するようになっています。通常のWebページであれば、適正なキーワード出現率は2〜7%の範囲におさまり、検索エンジンにとって最も適切な割合は5%程度です。ただし、キーワード出現率だけを特別に重視することはありませんので、極端に高い割合にならなければ問題はないといえます。

最適化の手法
検索エンジン最適化には、様々な手法が利用される。適切なキーワードをタイトルやページ先頭に持ってくるというのが基本的な手法であるが、業者によっては、検索エンジンスパムと呼ばれる手法が利用されることもある。ただし、検索エンジンスパムを利用したことが発覚すると、検索エンジンのインデックスから削除されるなどのペナルティが課せられる。特定のドメイン・IPアドレスを検索対象から除外するペナルティもあり、ドメイン・IPアドレスの再取得といった多大なコストがかかってしまうことがある。

2008年当初に、Googleではウェブページの順位決定のアルゴリズムにキーワードとリンクの意味づけとは無関係な時間的に新しい記事を優先するというルールを採用したのではないかという観測があり[1][2]、この観測が正しいならば最適化手法の見直しが必要になるであろうとともに、広く重要性が認められる情報が検索結果上位に表示されなくなるという恐れもある。


目的キーワードの分析
検索エンジン最適化の出発点は、対象としたいウェブ利用者がどういったキーワードで必要とする情報を探しているかを理解することである。例えば、製品やサービスを比較しながら探す場合、検索ボックスには製品の固有名詞ではなく一般名称が、特定製品の機能名ではなく一般的な機能名が打ち込まれる傾向にある。この語句の集合は目的キーワード群または目的語句と呼ばれる。目的キーワードを設定することで、ページデザインなど他の最適化項目に進むことができる。


[編集] キーワードに沿ったページの構成
ある検索キーワードによる検索結果で上位にくるには、ページは検索キーワードに合致もしくは関連するキーワード群を含んでいなければならない。

あるページが、あるキーワードにどの程度関連しているかは、検索エンジン・スパイダーのアルゴリズムに基づいて決定される。そのアルゴリズムはウェブページの順位を決定する公式を計算する。検索エンジンは、ウェブサイトが閲覧されるときに閲覧者が読もうとするテキストをHTMLの文書構造などに基づいて整理し、そのページは何を記しているページで、あるキーワードに対する関連性がどの程度かを判断する。


リンクの作成
多くの検索エンジンでは、ページの価値を判断する基準に、そのページがどれだけ他のページからリンクされているかという観点を採用している。したがって、ウェブ上の他の関係あるサイトに自分のコンテンツについて通知し、リンクを求めたり、自己が運営する既存のサイトから適切なリンクをはったりすることが対策として行われる。

また、スパイダーはコンテンツのハイパーリンクを辿って巡回を行うので、検索エンジンに登録してもらいたい場合、そのページへのリンクを作成しておくことが必要になる。「サイトマップ」を作成することはその手法の一つで、推奨されていることでもある。サイトマップは、トップページやサイト上のすべてのページからリンクされているのが好ましい。このようなページがあると、ひとたびスパイダーがサイトを見つけた時に、そのサイト全体が索引化されることが保障される。


HTMLによる最適化
検索エンジンは、HTMLのtitle、meta、strong、hnの各要素などを重視すると考えられているため、重要なキーワードをこのタグで囲って、重要であることを示すこともされる。

なお、この手法は、過度に行うと検索エンジンスパムとみなされるため、注意が必要である。

スポンサーサイト

SPAM(スパム)とは?

受信者の意図を無視して送られて来る無差別大量一括送信メール(別名「迷惑メール」)の事を「スパム」("spam") と言う。スパム (メール)を参照。ニュースグループへの大量のマルチポスト・クロスポストのこともこの意味でスパムと呼ぶことがある。

メールや無差別かつ大量に一括して送信される電子メールのほとんどは広告メールで、
日本では、『SPAMメール』と呼ぶより『迷惑メール』と呼ぶことが多いようです。
その内容はと言うと・・・
大半がアダルトサイトの勧誘又はコンピュータウイルスです。
そのコンピュータウイルスにより、パソコン内部の文書破壊や
無差別に電子メールを送信するものまで存在ています。
このメールに添付されるファイルは、ウイルスが多いので、厳重な警戒が必要です。


注意!!
クリック詐欺やウイルスの可能性があるので間違ってもクリックしてはなりません。

ダイレクトメール(郵便受けによく届いているやつ)の電子メール版って感じでしょうか。
不特定多数の個人に対して広告活動をするとき、
郵便に比べて電子メールでは以下のような特徴があります。
ダイレクトメールは、印刷と郵送料の出費が発生する、
しかし電子メールは接続料金のみで送信出来てしまいます。

更に電子メールは短時間に一括送信が可能、封筒みたいに未開封で捨てられにくく、
題名だけでも受信者の目に触れる可能性が高いため、インターネットの普及とともに迷惑メールは急増し、
今も尚増殖し続けています。
悲しいけど・・・事実です。
もちろんメールソフトの設定によりゴミ箱へ捨てられる可能性もあります。
いや、設定をしていない人が多いのでしょうか

トラックバックスパム

[編集] 概要
コンテンツの中身を参照せずに、無作為もしくは機械的な手順によってトラックバックをする行為。「迷惑トラックバック」とも言う。 トラックバックスパムを行なっているウェブサイトは、アダルトサイトや商品販売を目的としているサイト、アフィリエイトの効果を高める為に行なっているサイトなど、様々である。SEOの一環として行われる場合もある。

また「トラックバックは、記事参照を通知する為の機能だ」と考えている人の中には、その人のウェブページを参照していなかったり、あるいは参照しているページへのリンクが張られていないウェブページからのトラックバックを、「トラックバックスパム」とみなす者がいる(この点については、下記の「トラックバックの意義についての考え方の相違」参照)。


[編集] 対策
トラックバックスパム対策として、様々な機能が出現している。例を挙げると、下記のようなものがある。

ブログの管理者が承認しない限り、トラックバックの結果を表示させない。
DNSブラックリストやURLブラックリストに載っているトラックバックを禁止する。
特定のURLからのトラックバックを禁止する。
特定のIPアドレスからのトラックバックを禁止する。
特定のキーワードを含むトラックバックを禁止する。
特定の文字コード以外のトラックバックを禁止する。
慣用では半角英字を禁止する。これにより英字トラックバックできなくなる。ただし、日本語、中国語等のスパムには無力である。
URLを自動リンクしないか、してもrel=nofollowしておく。
自動トラックバック用のURLを記述しない(当然自動トラックバックできなくなる)。
各種ブログサービスやブログツールが提供するブラックリストプラグインを使用して、スパムを自動的にスパムリストに移動し、トラックバックの結果表示を保留する(例: Movable TypeのMTBlackListプラグインなど)。
大量にトラックバックを送ってくるウェブサイトなどに対しては、ブログサービスを提供している会社がまとめて受信拒否したり、あるいはそのウェブサイトからのトラックバックを削除してしまう場合もある。

受信側ではなく送信側への対策として、以下のようなものが考えられる。

誘導先サイト/ページのホスティング運営者に通報
トラックバック発信元ISPに通報
アフィリエイトASPに通報
ソーシャルブックマークをつかったSEO

まずはじめにソーシャルブックマークってご存知ですか?

ソーシャルブックマークとはいわば
自分のお気に入りですね。


ソーシャルブックマーク(Social Bookmark、SBM)は、インターネット上の
サービスの一つで、オンラインブックマークサービスの発展形。

自分のブックマークをネット上に公開し、不特定多数の人間と共有する事で
、これらを有益な情報源とすることができる。

同一アドレスを登録している他人のブックマークを観たり、またタグと
呼ばれる登録者が付ける分類用の語句により同一タグで分類している
他人のブックマークを観たりすることで同じ指向のサイトが見付けやすくなる。
またサムネイルを付ける機能も増えている


自分の気に入っているサイトを色々な人にみてもらいたい
こんな想いから誕生したのがソーシャルブックマークです。

そしてこのソーシャルブックマークで自分のサイトを
登録した場合被リンクとして数えられます。

おまけにソーシャルブックマークサイトは非常にページランク
が高く、一方リンクとしても見られます。

利用しない手はありません。

下記にソーシャルブックマークの一覧を作成しましたので
ぜひご活用下さい。

FC2 ブックマーク→ http://bookmark.fc2.com/

Livedoor クリップ→ http://clip.livedoor.com/

はてなブックマーク→ http://b.hatena.ne.jp/

フロッグ→ http://www.flog.jp/

POOKMARK→ http://pookmark.jp/

バザール→ http://buzzurl.jp/

忍者ブックマーク→ http://bm.ninja.co.jp/

AddClips→ http://www.addclips.org/

Rootace→ http://www.rootace.com/

ジョルトマーク→ http://mark.jolt.jp/

ニフティクリップβ→ http://clip.nifty.com/

Corich ブックマーク
http://bookmark.corich.jp/bookmark/public_html/

BLINK→ http://www.blink.jp/

Choix→ http://www.choix.jp/

YAHOO ブックマーク→ http://bookmarks.yahoo.co.jp/

これらに限らずソーシャルブックマークサイトと呼ばれるものは
ネット上に数多く存在していますので更なる利用を望む方は
検索エンジンにて『ソーシャルブックマーク』と検索してください。

ソーシャルブックマークのリンク集とかも出てきますので
あくまでここでは効果の高いソーシャルブックマークを
紹介させていただきました。
検索エンジン 【サーチエンジン】


検索エンジン(けんさくエンジン、search engine)とは、
狭義にはインターネットに存在する情報(ウェブページ、ウェブサイト、
画像ファイル、ネットニュースなど)を検索する機能を提供する
サーバーやシステムの総称。

サーチエンジンはページに掲載する企業の広告料金で
運営されるため、利用するために料金を払う必要はない。

サーチエンジンは、WWWなどで公開されている情報の全文を
貯えておき、キーワードによって検索する全文検索型と、
カテゴリー別に分類されているディレクトリ型の
2種類に大別できる。

最近では全文検索型でもディレクトリ型の情報提供を
しているところが増え、
またディレクトリ型のサーチエンジンにも検索機能が
搭載されるようになってきた。
日本のサーチエンジンは、
全文検索型ではGoogleやgoo等が有名で、
ディレクトリ型ではYahoo! JAPANが有名。

ロボット型検索エンジン
与えられた検索式に従って、ウェブページ等を検索するサーバー、システムのこと。検索式は、最も単純な場合はキーワードとなる文字列のみであるが、複数のキーワードにANDやOR等の論理条件を組み合わせて指定することができるものが多い。

ロボット型検索エンジンの大きな特徴の一つとして、クローラ(スパイダー)を用いることが挙げられる。このことにより、WWW上にある多数の情報を効率よく収集(日本の著作権法では複製)することができる。大規模な検索エンジンでは、80億ページ以上のページから検索が可能になっている。

ディレクトリ型検索エンジン
人手で構築したウェブディレクトリ内を検索するサーバー、システムのこと。

人手で構築しているため、質の高いウェブサイトを検索可能。サイトの概要を人手で記入しているため、検索結果の一覧から目的のサイトを探しやすいという特長がある。

しかし、検索対象となるサイトは人手で入力するため、検索対象となるサイト数が多くないという欠点がある。

WWWの爆発的な拡大によって、あらゆるウェブサイトを即時にディレクトリに反映させることが事実上不可能になり、現在では主流ではなくなっている。 このため、ディレクトリ型検索エンジンでは、検索にヒットするサイトが無かった場合、ロボット型検索エンジンを用いて結果を表示するような、併用型のものが多い。

Yahoo!, goo, infoseek, Open Directory Projectなど。

メタ検索エンジン
ひとつの検索ワードを複数の検索エンジンで検索することをメタ検索という(横断検索エンジンと呼ぶこともある)。
主な検索エンジンサイト
@nifty Ask.jp BIGLOBE Clusty.jp Excite フレッシュアイ
goo Google infoseek ライブドア Lycos MARSFLAG
Mooter MSN (Live Search) AMGEM Force
Powerset SAGOOL Yahoo! Wikia Search
百度(バイドゥ)

 検索エンジンを制覇しろ!実績第一!!
http://www.affilitool.com/file/21298.html
タイトルとは題名のことですね。
タイトル一つで貴方の記事を読んでくれる人の数が変わりますので
沢山の人に読んでもらいたい場合は真剣に考えましょう。
タイトルを決める要素は
●話題のキーワードやトレンドを記載する
●誇張した表現を使う
●一文でまとめる
●質問(あるいは質問を装った意見)を投げかける
●関心を得るためにリストを使う
が重要です。
SEO対策(アクセス)の決め手となるノウハウとは

『タイトルは21文字以内に』


SEOを意識するタイトルをつける時に
21文字以内にするように心がけましょう。
メインキーワードが長いキーワードになると
下手すると21文字を簡単に越えてしまいます。

この21文字。
21文字越えるとペナルティがかかるとか
そういうものではありません。

検索結果に表示される状態が変わるのです。
前回、検索結果に表示される文字を意識する事が
重要だと話をしました。
SEOを意識する事も必要だが
検索者がクリックしたくなるような
タイトルにしましょうねって話。


今回も検索結果に表示される状態が
21文字を越えると変わるって話。
たまに検索結果で文字の後ろに「...」と表示されて
後半の文章が省略されているタイトルを見たこと
ありませんか?


これはタイトルが長すぎる場合、
検索結果で勝手に省略されるのです。
これが、22文字目から省略されるのであれば
わざわざここで話す必要はありません。
文字の区切りの状態によってはかなり前半で
省略される可能性があるのです。

省略される場合の区切りの状態の1つに
スペースやハイフンがあります。

例えば、

ダイエット あなたにも出来る!簡単に痩せるダイエット情報を提供
というタイトルがあったとします。

このタイトルの
「あなたにも出来る!」
「簡単に痩せる」
という部分は検索者からすると
思わずクリックしたくなる表現ですね。

しかし、21文字以上のタイトルなので省略されます。
「ダイエット」の後ろにスペースが入っているので

ダイエット...
という表示になります。
ダイエットに興味のある人でも
興味の沸かないタイトルになりますね。
これは致命傷です。
ちなみに、この区切りは21文字目に近い所が
採用されるので

ダイエットあなたにも出来る!簡単に痩せる ダイエット情報を提供
に修正すると問題を解決する事が出来ます。

検索エンジンにインデックスされたら
自分のサイトがどのように表示されているか確認するように
して下さい。
もし、途中で省略されていたら
上記のように対処して下さい。

推奨マニュアル
たった43ページの本物SEOマニュアル
http://www.affilitool.com/file/21250.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。