インターネットビジネスで知っておかねばならない言葉を紹介。初心者・ど素人・後発組ビジネス向上に必要なアフィリエイト・SEO・情報起業・FX・健康関連ダイエット・老化予防対策等推奨情報も掲載

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

インターネットビジネス必須役立つワード&推奨情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターネットオークションは、

インターネットを通信媒体として利用した競売(オークション)である。ネットオークションと略称されることもある。また、インターネットに限らずコンピュータネットワークを通信媒体として利用したオークションをオンラインオークションと呼ぶ。
[編集] インターネットオークションのシステム
以下では、最も一般的な競り上げ方式のインターネットオークションのシステムを説明する(ただし、ここで記載するシステムは最も代表的なものであり、全てのオークションで採用されているわけではない)。出品者及び入札者が行う操作は、通常、ウェブブラウザを通じて行われる。


[編集] 出品
出品者が、商品の名称、状態、写真、オークションの開始額、終了日時等の出品に関する情報をオークションサイトのサーバーにアップロードする。この出品情報に基づいてウェブページが生成され、オークションのウェブサイトに掲載されて、オークションが開始される。法律またはオークションの規定に違反する商品などは、運営者によって出品が取り消されることがある。


[編集] 入札
入札者は、オークションサイトが備える検索機能等によって、購入を希望する商品を選び、購入希望額を指定して入札する。希望の商品を探す方法としては、特定のキーワードをあらかじめ登録しておき、そのキーワードにあった商品が出品されると電子メールで通知するサービスも用意されていることが多い。商品が掲載されたウェブページは随時更新されており、最新の状況を確認することができる。入札額は、第三者に公開される場合(オープン・ビッド)と秘密にされる場合(クローズド・ビット)とがあるが、一般には公開されることが多い。

他の入札者によって、自分の入札額を上回る入札が行われた場合には、再度入札を行い入札額を競り上げることができる。最高入札額の更新を電子メールで通知する機能や、他者によって入札が行われた場合に、入札者があらかじめ指定しておいた限度額内で自動的に再入札を行う機能も一般的である。


[編集] 落札
オークションの期間が終了すると、落札者、落札価格が確定されて、商品のウェブページで公表されるとともに、入札者及び落札者の双方に電子メールで通知される。取引相手に関する詳細な情報は、商品のウェブページで入札者・落札者のみに提供されることもある。

その後の入金や商品の発送などの取引は、基本的に当事者間で行われる。ただし、メールアドレスを明かすことなく互いに連絡が可能な機能が準備されていたり、金融機関や運送会社などと提携して、入金や商品の発送を容易・安価に行うことができるサービスが提供されている場合も多い。

また、落札者と出品者とが互いに信頼できる相手かどうかを確認した上で入札や売買をすることができるように、オークションサイトのシステム上で、出品者が落札者を・落札者が出品者を相互に評価できるシステムを備えていることが多い。


[編集] ネットオークションの問題点
ネットオークションは数々の問題点をはらんでおり、様々な対策がなされているものの、どれも抜本的な解決策とはなっていない。抜本的な対策がなされていない点は、交通事故や殺人事件といった種々の社会問題に共通することではあるが、ネットオークションの場合には、その利用が一般市民に広がっていることや、急速な普及のために対策が追いついていないことから、問題点への対策がより強く求められている。


[編集] 詐欺・違法出品
出品者の本人確認が不十分なオークションサイトも多々あり、実際に販売する商品が存在しない・提供する意思すらないにもかかわらず商品を提示して、先払いなどで振り込ませた代金を騙し取る詐欺行為(→オークション詐欺)や、以下のような違法な商品が出品されるケースも見られる。

特に、違法な商品を出品する際、実物の名称をそのまま出すと即座に通報され、逮捕となるため、一般に聞き慣れない隠語や符丁などの暗号を用い、別の商品に見せかけるケースも後を絶たない。

コピーソフトや海賊版のビデオ・DVDなどで(企業の)著作権を侵害するもの
本来、個人の著作物にかかる著作権も対象に含まれるべきであるはずだが、あまり問題にされない。
偽ブランド品やコピー商品などで商標権を侵害するもの(偽物であることを明示し、本物より安い価格で落札させた場合であっても同罪となる)
特に悪質なケースでは、偽物だと明示せず本物の画像を提示するケースも報じられる。偽物の商品を本物だと偽れば詐欺罪にも問われる。さらに、偽物だと認識して購入すれば、購入者は幇助罪に問われる。
偽造金券類で有価証券偽造罪に該当するもの
非合法(盗品・偽造)もしくは権利者が売買を禁止しているチケット[2]
盗品または盗品の疑いがあるもの(盗品ではない、という事実を証明できないもの)で、盗品等関与罪に該当するもの
麻薬、覚せい剤、シンナー、トルエンなどの違法な薬物全般(市販されている医薬品の出品も禁止されている)
拳銃、ライフル、散弾銃や日本刀などの銃砲刀剣類=銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)に違反するもの
無修正の裏ビデオや児童ポルノなどの猥褻物(使用済みの下着や制服なども猥褻物として扱われており、出品が禁止されている)
また自転車操業で、客から代金振込みを待って商品仕入れする業者も見られ、このようなケースでは業者が破綻した際に、先に振り込んだ代金が業者の持つ負債により、業者ごと「消える」という事態も発生している。

最近ではオークションサイトを運営する企業側の管理責任も社会的に取りざたされはじめ、Yahoo!オークションにてプレミアムショップとして登録された業者を利用し詐欺に遭った被害者573人がヤフーにも管理責任があるとして、約1億円の損害賠償を求める訴えを名古屋地方裁判所に起こしている。

2006年12月には、Yahoo!オークションストアに登録していた「家電ドットコム株式会社」が落札金額を受け取っておきながら商品を発送しないという詐欺被害が急増。落札件数は1,713件、落札総額は約1億9,440万円に達するとしている。そのうち、被害を受けたのは989件、被害総額は約8,786万円としている。Yahoo!側は被害に対して補填すると説明した。

オークションサイトの相互評価システムを悪用したケースも見られ、悪質な出展者が複数取得した自分の・またはフィッシング詐欺等で盗んだアカウント(利用権)を使って、あたかも優良な出展者であるかのように自己評価を上げたりした事例では、数多くの優良な取引実績のある出展者だと誤認、騙されるケースも出ている。

なお、このようなケースでは

評価が書き込まれている時間が、平日の昼間のように不自然な時間帯に集中している
評価内容の文章や評価者の自己紹介プロフィールに不自然な点が見られる
などの特徴も見られる。 日本においては海外、特にアジア地域からの出品者などは海賊版や転売詐欺などが多いとされる。

警察としてもこれら詐欺行為に対し捜査はしているものの、詐欺者が今まで取引されたオークション全てを調査しなければならず、多大な時間を掛けなければならないため、警察でもほとんど立件出来ないのが現実で、被害者も泣き寝入り状態であり、早急な法改正や本人確認の強化が必要だといわれている。

なお、不動産や中古車のように、高額でかつ購入後に公共機関への諸手続き(登記、ナンバープレートの登録、自賠責の加入など)が必要な商品のネットオークションでの購入については、出品者の対応以外にも、できれば現地に出向いて実物をチェックするなど慎重に進める方が良い。

ちなみに盗品が出品されているのに気付いた被害者が、オークションサイトの管理側に訴え出たにも拘らず管理側の対応が遅く、結局として盗品を出品した人物に逃げられてしまうとのケースも発生している。当初はそういった違法行為向けの対策が全くなされていなかったが、現在Yahoo!オークションでは知的財産権保護プログラムを導入している[3]。ただ、これらの対応も被害者が届け出て初めて判明するケースも多く、相当数の盗品・不正流通品などが出回っている可能性もある。


[編集] 転売行為
地域やイベント等での限定販売品や市場で品薄の商品などに対し、始めから転売目的で買い占め、オークションサイトで定価(または希望小売価格)以上のはるかな高額を付けて出品するダフ屋然とした行為もたびたび見受けられる。特に同人誌においてこの手の行為が横行している(本格的な同人ショップ[4]の店舗がない地方の在住者にとっては購入のチャンスという声もある)。

またプレイステーション3の発売に際してはテレビや新聞などのニュースなどで「転売目的で購入していった者も多い」とたびたび報道された[5]。こういった転売目的の人物は『転売屋』『テンバイヤー(転売+バイヤー)』とも呼ばれている。また、かつてTBS『がっちりマンデー』で転売を肯定し、奨励するかのような放送をしたこともある。

他にも、金品やその他のトラブルの原因となりかねないという理由から、以下のように製造者やイベントの開催者および権利者の判断で懸賞の賞品やイベントのチケットをオークションへ出品することを禁止するよう呼びかけているのもあるが、これらは私人間の契約の問題であり、厳密に言えば法的な問題が生じる可能性はあるものの、偽造や盗品などの法律上取引が禁じられているものではないため、実状は黙認され続けているという問題がある。

コミックマーケットおよび同人誌即売会のサークルチケット(出展サークル専用通行証)
コミックマーケットの開催1ヶ月ほど前から多数出品され、数万円単位で落札されるものが多い。
転売による金儲けだけでなく、ダミーサークルの発生も助長するという理由から、コミックマーケット準備会ではオークションなどへの転売を認めておらず、チケットには「本通行証の売買・交換(金品を代価とする譲渡)を禁止する」と記載されている。
→コミックマーケット#サークルチケット転売問題・ダミーサークルの項に詳しい。
官庁からの各種招待券。
陸上自衛隊『観閲式』・『富士総合火力演習』・『体験搭乗』
海上自衛隊『観艦式』・『展示訓練』・『体験航海』・『体験搭乗』
航空自衛隊『航空観閲式』・『体験搭乗』
海上保安庁『観閲式・総合訓練』
などの招待券が、インターネットオークションに複数出品され、当該の官庁には「高額で取引されている」などの苦情が寄せられている。また招待客と往復はがきにより抽選の結果当選した方々に送られる『駐車場券』も出品されたケースもあり、中には偽造された『駐車場券』もあったと言われている[要出典]]]。
企業との規約で売買を禁じている物(懸賞で得た非売品の景品、会員ポイント、オンラインゲームのβ版アカウント等)
近年では雑誌の懸賞でも掲載賞品全てにネットオークションへの出品等の「第三者への賞品譲渡の禁止」を応募条件として記載されていることが多く、違反した場合には当選取消と賞品の返還や価格賠償等の責任を負わされる。

これらの行為に対しては「行けなかったイベントの限定品や地方によって手に入りにくい商品が買える」と肯定する側もいれば「本来購入を望む者や地方在住者に商品が適正な価格で行き渡らず、暴利を助長する」と非難する側もいるため、賛否両論に分かれている。

いろいろな情報があるが、初心者から始めるなら
『素人が月収30万円以上稼いでいる方法』
http://www.affilitool.com/file/21622.html
スポンサーサイト
即金ビジネスとは?

ビジネスと名は付いていますが、その実態は儲かる情報、アクセスアップ情報の転売であったり、ID付きのホームページを転売するものであったりと、末端が破綻しそうな感じのシステムなので、ねずみ講にあたるのではないか!?と思われるものが多いのも事実です。実際に検挙されたビジネスグループや警告を受けたグループも多々ありますので、注意が必要です。

即金ビジネスのシステムとは?
その性質上、早い物勝ち的な要素が強いように思います。特にネットでは広まるのが早いですから、最初の方に売りまくって儲かったら、後は苦情が来る前に手早く身を引いて、次の即金ビジネスを立ち上げるというシステムが一般的です。

即金ビジネスの魅力
ポイント貯めてネットで稼ぐ小遣い稼ぎやアフィリエイトの収入は、1件辺り数円~始まりますが、即金ビジネスの魅力は、1件辺り数千円~数万円というその報酬の高さにあるのでしょう。なかなか稼げない人や、手っ取り早く稼ぎたい人にはとても魅力的に見えるのだと思います。
「1日1万円稼ぐ方法」とか、「勝手に稼ぐパソコン」とか、「うちでのこづち」等など、これらは時の流れと共に、手を変え品を変えて皆さんの身近にかならずやってきます。

即金というからには、すぐにお金が入る!その魅力は誰もが持つでしょう。でもその裏には多くの詐欺的要素もあることを心しておいてください。
安全なものは、情報ビジネスではないかと思っています。少なくても
個人のhpからの登録はやめて、ASPサイトに登録された販売商品から選びましょう。

多くは、成功しても単発で終わってしまう傾向があります。
ですから、あまり高い情報は購入すべきではありません。
返金保証や確実に稼げる保証があるかをまず徹底的に確認してください。

最初はリードメールやポイントサービスで慣れるということも大切です。儲けの金額は低くても確実に稼げます。

たとえばゲットマネー
会員数40万人突破!毎月収入発生は可能です。
⇒⇒ http://dietnavi.com/?id=585446

スタート2時間で11万稼げる
http://www.affilitool.com/file/21620.html

こちらもいいですね。ただし初心者は継続して11万を稼ぐには
努力が必要です。しかし、すぐに11万をだれでも稼げるというのは
魅力です
ビジネスノウハウ
ビジネスを行ううえでどうしても読んでおかねばならない
ものですね。
しかしインターネットの世界では、ビジネスノウハウは数限りなくあります。
商法取引| 情報商材| インターネットビジネス| 情報起業| SEO| アフィリエイト| インフォブレナー| アクセスアップ|ビジネスツール| ASP| ビジネスノウハウ| 初心者| 後発組| 月収100万目指す| アクセスアップ| オークション| スパム| ど素人| 初級者| アドセンス| 金儲け| 高収入アルバイ| 在宅アルバイト| 在宅副業| 在宅ワーク| 小遣い| 自動販売機| 副収入| 貯金| 借金返済| 週末起業| サラリーマン起業| 副業パソコン| 自宅副業| ドロップシッピング| 独立起業| 内職| 人材派遣| 自己破産| 即金| 主婦副業| ブログアフェリエイト| 携帯アフェリエイト| アマゾンアフェリエイト| 楽天アフェリエイト| ヤフオク| ミクシィブログ| 株価| バーチャルFX| FX初心者| ネット通販 成功事例| お金 稼ぐ| 稼ぐ 方法| セカンドライフ| 日払い 高収入| 日払い アルバイト| 外貨MMF| 中国株| 外国為替| デイトレ| 為替レート| 転職| 情報販売| 情報起業家| 開業| 健康| ダイエット| 肥満| 老化| メルマガアフィリエイト| 詐欺情報| 買える情報| ネットワークビジネス| 懸賞| 無料| 無料レポート| 2ティア| 健康補助食品| 団塊世代ビジネス| 副業| 在宅簡単ビジネス|

これらの言葉一つを全部理解するためには、それ相応のジャンルで学ばなければとんでもないことになります。
最近は、クソ情報も一杯あります。

当ブログでは推奨情報をいくつも用意しています。
貴方が何をしたいのか、選択することから始まります
情報起業家になりたい人、アフィリエイトをしたい人、オークションをしたい人、株やFXをしたい人、さまざまです。
貴方に合う情報がこのブログにありますので、ぜひお探しし、
購入して見てください


アフィリエイト (affiliate)

別名 アソシエイト、associate

あなたのWebサイトやメールマガジンなどが企業サイトのリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して当該企業のサイトで会員登録したり商品を購入したりすると、リンク元サイトの主催者に報酬が支払われるという広告手法。仕組みとしては成果保証型広告と同じだが、アフィリエイトの場合には、その商品やサービスに関連した情報を掲載するWebサイトやメールマガジンが主な対象となり、それらと電子商取引サイトの間のパートナーシップの側面が強調される。クリックしてもらえるだけで収入が発生する場合もある。最近は情報起業の宣伝等をすることで収入を上げる人が増えている。

書籍の書評にオンライン書店へのリンクを張る場合などは、それ自体が一つのコンテンツとなるため、サイトと企業の双方に利益のあるマーケティングプログラムだと言われている。企業にとっては、潜在的に商品に関心を持つ層に容易に到達できるというメリットがある。また、売上に応じて媒体側への支払い額が決まるため、ポータルサイトへのバナー掲載のように成果とは無関係に広告費が決まる他の手段に比べ、極めて費用対効果の高い広告手法と言える。日本で人気のあるアフィリエイトプログラムには、オンライン通販大手のAmazon.com社による「Amazonアソシエイト」や、オンラインモール大手の楽天市場による「楽天アフィリエイト」、アフィリエイト仲介を専業とするASP事業者の「リンクシェア」「バリューコマース」「A8.net」「アクセストレード」などがある。

情報起業では、インフォトップ、インフォカート、インフォスタイルなどがある。




アフィリエイト・サービス・プロバイダ

アフィリエイト・サービス・プロバイダ (Affiliate Service Provider) とは、インターネットを中心に成果報酬型の広告を配信するサービス・プロバイダで、略してASPと呼ばれることがある。

広告主 (EC) は、ASPを仲介にして、個人・法人が運営するウェブサイトでの広告を掲載を依頼し、結果として広告のクリックや掲載商品の購入などあらかじめ設定された成果条件にいたった際に成果報酬としてアフィリエイトサイトに広告料を支払う。

ASPの現状
PC版、携帯版ともにASPは存在する。

近年はASP企業の株式上場などにより認知度が上がっている。 また携帯分野を中心に大小様々な新興ASPが常に立ち上がっている。


[編集] 主要ASP
バリューコマース - (東証マザーズ上場)
ファンコミュニケーションズ(A8.net、Moba8.net) - (ジャスダック上場)
リンクシェア - (未上場)
アドウェイズ(JANet、Smart-c) - (東証マザーズ上場)
インタースペース(アクセストレード) - (東証マザーズ上場)
ディー・エヌ・エー(ポケットアフィリエイト) - (東証マザーズ上場)
フルスピード(アフィリエイトB) - (東証マザーズ上場)

アフィリエイトの歴史
Amazon.comの創業者の孫がサイトを立ち上げていて、「ここに商品を置いて売れたら手数料を頂戴(要約)」と創業者に持ちかけたのがはじまりであるとされている[要出典]。但し、Amazon.comではアフィリエイトではなくアソシエイト・プログラムと呼んでいる。

なおアフィリエイトの歴史上でAmazon.comが果たした役割は大きく、従来のクリッカブル広告では所定のサイトへの誘導や特定商品やサービスに関するディレクトリに誘導して「成功」としていたものがクリック詐欺などで広告視聴量に対する疑惑にも発展して広告料支払いで係争関係にも発展する中、所定の書籍や商品に対する直接リンクの形で、リンク元の記事と紹介する商品との間の連携にもより売上を伸ばし、アフィリエイトは新しい広告の形として急速に浸透していった。

今日でも同社のアフィリエイトは個別商品ごとの紹介プログラムが用意されており、ブログなどの鮮度の高い情報群と商品を橋渡しする仕組みも充実している。


アフィリエイト稼業の実態
アフィリエイターの七割の月収は1000円以下で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイターは全体の2%以下である[1]。 しかし、アフィリエイトのみで生計を立てている法人、個人もいるので、儲からないと言うのは早計であるが、統計的に見ると極めて限られた法人、個人のみと言える。


アフィリエイト稼業の動向
インターネットが普及しアフィリエイトサービスが始まった初期には、バナー広告を設置すれば高い確率でクリックされ、比較的簡単に報酬を得ることができた。これには当初、ものめずらしさでついクリックしてしまう人がいたのと同時に、個人が設置したウェブサイトにバナーがあると、閲覧者も大抵はある程度交流のある人の場合も多く、またクリッカブル広告をクリックすることで閲覧者がサイト設置者にサイトの存続を望んでいるという合図にもなったなどの事情も含んでいた。ことメールマガジンやアンダーグラウンドなウェブサイトでは、そういったクリックしてコンテンツ提供者に「投げ銭」することを正当な行為とみなす「伝統」すら見られた。

しかし現在は、インターネット利用者がインターネットの仕組みに慣れバナー広告が明らかに広告であると認識されていることや、インターネット全般に於いて迷惑メールを含む広告の氾濫にユーザーがうんざりしていることもあり、バナー広告自体が、非常にクリック率が低い状態にある。初期には数十パーセントほどのクリック率を上げていたが、現在では、よほど工夫しない限り1パーセントに満たない。

こういった事情もあってバナー広告が非常にクリック率の低い状態にあるため、クリック率を上げる方法として、現在では主に、文章などの中にアフィリエイト広告のテキストリンクを含める、などの方法などがある。ただその一方では、こういったアフィリエイト指向の強いサイト運営者を騙すような悪質な広告主も登場しており、「セキュリティソフトウェアのアフィリエイト」と称して掲載された広告により、セキュリティ対策ソフトウェアの押し売りといった問題も発生している([2])。


アフィリエイトの利点
広告主側からすると、対費用効果が一目瞭然で分かり、更に費用に見合わないと判断すれば、途中での契約停止が可能と言う他の媒体を使った宣伝方法とは異なる利点が挙げられる。 これにより自己が想定する範囲内での広告宣伝が行える。

また、数千を超えるサイトが宣伝してくれる可能性もあり、販売チャンスが増え、かつ、売れなければ費用も殆ど発生しないと言う、かなり広告主には有利な金額体系でもある。 更に、一部のASPを除き、自己でアフィリエイターへの報酬金額を決定出来る仕様であり、この報酬金額自体も途中変更が可能である。

その他に、あらゆるジャンルのアフィリエイターが存在する為、商品そのものが売れなくても、ネット内での自己の商品、サービスを認知させる事も可能となる。また、マーケティング手段として利用している広告主も存在する。

上記利点が複数存在する為、アフィリエイトを利用しようとする広告主は増加の一途を辿っている。

アフィリエイター(広告掲載側サイト)の利点は、仮にサイト閲覧者が広告に応募した場合、自己へ収入が帰ってくる「可能性」がある。これによって、サイトを更新、修正、変更するモチベーションを保っている人間も多数いると思われる。

非常に限定的な、稀なケースではあるが、アフィリエイトで生計を立てている人間もおり、中には個人で始めて、法人化して成功を収めているサイトもある。


個人法人がアフィリエイトを行う媒体
個人法人がアフィリエイトを行う場合、主に、ブログ、ホームページ、メールマガジン等の媒体を通じ行われている。


アフィリエイト報酬の種類
アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬と成果報酬の2つがあり、クリック報酬は、バーナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、成果報酬では、サイトより商品が売れた場合、あるサービスに関してアクセスした訪問者が、そのサービスに申し込んだ場合に報酬が支払われる。


アフィリエイトの問題点
アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方でいくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう恐れが大きい。また、明らかにこのようなあいまいさを悪用したサイトも多く見られる。次に、アフィリエイトの募集をティアとよばれるシステムをつかって鼠算的におこなうことによって、実際にはアフィリエイト収入が保証されるわけではないにもかかわらずそのことを偽った募集や、架空商品とアフィリエイトシステムを利用したネズミ講などの温床となっている。

販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促すインセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体がブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などが合った場合にもその取締りは困難である。 このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドライン[1]を出し、適切なアフィリエイトプログラムの運用を呼びかけている。

なお、報酬を目的とする架空注文は、電磁的記録不正作出・同供用となる。

また、複数のブログと契約し、広告主企業の商品をあたかも該当ブログ管理人が気に入って宣伝したかのように見せかけ、広告主から広告宣伝料を徴収するような手法や仲介業者が氾濫しつつあり、そのような事情から情報媒体としての価値が低下しつつある。

その他にも、SEO(Search Engine Optimization:サーチエンジン最適化)を駆使し、アフィリエイト付き所有サイトの検索表示順番を意図的に引き上げる手法などが確立されており、俗称検索エンジンスパムとも呼ばれる。また、プログラムによって文章やサイトを量産し、検索エンジンに登録されるページ数を増やしてアクセスを集める方法なども行われている。

さらに、報酬目的で不正に特定作業を行い、報酬を得るような悪質なサイトもあるとされる。(クリック報酬を得るために、独自のプログラムによりクリック数を上げる等)

検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く仕組みを構築している。 (プログラムにより作られた内容に意味の無い文章だけのブログもあり、それらはスパムブログ、またはスブログなどという名前で呼ばれている。)

検索エンジンサイトGoogleでは、アフィリエイトを行っているからといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のない(スパムブログ等)は検索エンジンにインデックス(登録)しないと公式に表明している。

海外ではこのアフィリエイト報酬を得るためのスパムブログが非常に問題になっている。ロボット型検索エンジンでは人間ではなく、コンピューターがページを読み取っている。そのためプログラムによって作られた、文法上は正しいが意味のまったく無い文章を通常の文章と見抜くことができず、検索結果に意味の無いページが表示されてしまう。(近年は検索エンジンシステムの性能が上がり、見抜けることも多くなってきた。)

日本でもこのようなプログラムは一般向けに数千円~数万円で販売されており、簡単に購入できる状態にある。

また、オーバーチュア、グーグルアドワーズ等の検索エンジン広告を用い、アフィリエイトサイトを商品の販売元サイトのように見せかけ集客し、アフィリエイト報酬を得ようとするなどの行為もあり、これらの行為はASPではなく、ASPに広告を出稿している企業が直接禁止している場合が多い。

ただ、上記の様なアフィリエイト広告を掲載する側の問題点の他にEC、広告主と呼ばれる広告出稿側の不正も存在する。一方的な広告掲載側の不正だけが問題とされる訳ではなく、広告主による不正も存在する。具体的な広告掲載側の不正行為として、以下のようなケースが挙げられる。

商品、サービスが成約したにもかかわらず、報酬としてカウントされない
報酬としてカウントされたあと、その報酬が支払われない
ただこれらは、「内部規定に照らし合わせて不当な請求だったため」などの理由付けが行われることも多く、果たしてどのような内部規定だったのかも不明確となりがちな可能性を含んでいる。この広告主側の不正に関してはASPですら及び腰であり、このような場合、広告掲載側は一方的な不利益を蒙る可能性があるといえよう。

特に悪質な広告主の中には申し込み数に対して報酬支払いの割合が常に数%台という極めて不正が疑わしいケースも存在する。これは100件の申し込みに対して数件しか受付してないということである。これで経営が成り立つ会社は極めて稀である。またこのような極めて不正が疑わしい広告主になんら対応をしないASPにも問題がある。

ASPの中には、問い合わせメールの回答者は誰か質問しているにもかかわらず、回答者の名前を知らせることすらしないところもある。通常のビジネスの常識では有り得ないことであり、不透明な業界の体質の一端を垣間見せているといえる。

アフィリエイト広告掲載側にできることは、広告を張る前に広告主のサイトをチェックし、アフィリエイト報酬支払いの逃げ道を作っていないか調べ、もし逃げ道が存在していたならASPに不正を通報する等の対策がある。広告主側による広告掲載側へのアフィリエイト報酬支払いの逃げ道を発見した場合、不正を通報する事をうながし、不正をなくそうとしているASPも一部ある(現在、このようなASPは非常に少ない)。

このような状態であるので、広告主よりアフィリエイト広告掲載側のほうが現在では立場が弱いといえるかもしれない。

また、過去は「1私企業の広告主側→ASP→広告掲載サイト群」と言う流れでネット広告その物は供給されていたが、現在は「広告代理店→ASP→広告掲載サイト群」と言う流れになりつつある。広告代理店はテレビ局などのCM、CFなどを手がけるような有名な企業が主に行っている。このような広告代理店のネット広告への影響が急拡大しつつあり、寡占化が急速に進行している。
インターネットビジネスとは、
インターネットを使ったビジネスモデルの総称で、
ネットビジネスと略すこともある


インターネットビジネスの類型インターネットを利用したビジネスモデルは次々と創出されているが、大別するとコンテンツの提供を中心としたビジネス、広告主導型のビジネス、インターネット電子商取引に分けられる。


コンテンツ型ビジネス
コンテンツを提供することで大量のアクセスを集めることを目的としたビジネスモデルである。まだ接続料金が定額制ではなかった時期に、インターネットのプロバイダ各社は接続料金を稼ごうとユーザーを惹きつけるコンテンツづくりを競った。したがって、定額制が導入された後、このコンテンツ提供型のビジネスモデルは主役の座を降りることとなった。


広告主導型ビジネス
インターネットが普及した結果、瞬時に大量のアクセスを集めることが可能になった。このビジネスの典型的なスタイルがポータルサイトである。多くのユーザーはWWWにアクセスする際、最初にポータルサイトにアクセスする。したがって、大量のアクセスを集められるポータルサイトは、巨額の広告収入を手にすることができる。ポータルサイトの代表的な例は、Yahoo!やGoogleなどのサーチエンジンである。日本のプロバイダ各社もポータルサイトの一角に入ろうとして、競争は激化している。


電子商取引
インターネットを使えば、双方向にコミュニケーションできる。この利点を生かして、メールマガジンで直接、消費者や取引先企業に広告し、ウェブサイトに誘導すれば、見込み客を集客でき、また商品やサービスを販売することもできる。また、従来のチラシや新聞、雑誌などの紙媒体、テレビなどのメディアよりも圧倒的な小予算で全国あるいは全世界を対象に宣伝できることから、中小企業がネットショッピングに参入したり、個人がインターネットで起業することが容易となった。そのため、マーケティング手法を駆使して儲けを大きく伸ばしている企業もある。その反面、先行投資してもなかなか資金を回収できないという企業も多い。

電子商取引で重要になるのはアクセス数と成約率である。どれだけの利益を得られるかは、アクセス数×成約率という式で表される。成約率がゼロなら、利益はゼロである。アクセス数と成約率を上げるためには、適切なマーケティング戦略を取り入れ、実践することが欠かせない。


インターネットビジネスの今後
電子商取引によって新たな流れが生まれている。コミュニティの形成である。人はどこかに所属したいという欲求をもっている。その場をサイト運営側が提供すると、顧客はコミュニティ化する。講演会やオフ会などで実際に顔を合わせることで、コミュニティの絆はより強固になる。いったんコミュニティができあがると、商品やサービスを次々と売ることもできる。このように顧客を囲い込み、強い絆で結ばれたコミュニティを形成することが、電子商取引で成功するための要となるといわれる。インターネットビジネスの将来は未知数だが、顧客によるコミュニティを形成できれば、ビジネスを継続できるものと考えられる。

成功したと考えられる例:

・YouTube

あらゆる動画を扱うサイト。ユーザーに動画をアップロードして、訪問者がそれを視聴出来る。2005年2月に運営会社が設立され、当初はそれほど有名ではなかったが、さる外国テレビ局による報道で一躍有名となった。現在は1日1億回以上の動画閲覧数を誇る。

また、2ちゃんねるやブログなどが日本からのアクセス増加を後押ししたとされ、日本のアニメなど、著作権を侵害する動画が無断でアップロードされ続けている。利用者の急増により莫大な回線コストがかかり、どのようにして収益を上げていくかが課題となっていたところ、Googleが2006年10月9日に約16億5000万ドルで買収を決定した。

問題点として、上記のように日本のアニメ等の著作物が違法に、アップロードされ続けており、重大な著作権違反としてJASRACを始めとする著作権に関連した団体が問題改善を求めている。しかし問題改善は容易ではなく、現在はYouTube側が独自の画像判定エンジンを開発し、著作権を侵害する動画がアップロードされるのを防止すると発表している。だが、元々YouTubeが流行ったのは、そういった動画目当ての視聴者が多いからだとする見方もある。したがって、これらがなくなるとどうなるかは現段階では未知数である。 YouTubeの著作権問題については該当項目を参照されたい。

・ASP(Affliate Service Provider:アフィリエイトサービスプロバイダ)

ネット上のバナー広告やテキストを提供し、契約したWebページオーナーやブログオーナーに掲載して貰い、利益を分配する方式の広告を提供している会社。成功報酬型広告またはアフィリエイト・プログラムとも言われる。

本形態はインターネットが無ければ成立し得なかった形態であり、インターネットビジネスの裾野を広げたという事に於いても、重要な意味を持つ。現在、多種多用なジャンルの広告があり、どのような趣旨のブログ、Webページに於いても選ぶ事が可能なまでに成長し、一部ASPでは株式市場上場まで果たしている。このような状況から、ASPはインターネットビジネスに於いて非常に重要な位置を占めており、今後も発展していくと予測される。

但し、Web上での契約であるが故に、書面を交わす等の行為がない事により、初期の契約を無視、軽視したような不正行為を広告掲載側、広告主側、双方が行っている事例が常に報告され続けており、一部ASPでは広告掲載側、広告主側、双方に対して監視を行い始めている。

また、2006年後半から金融広告の撤退により、ASPの利益減少が出て来始めており、それとともに広告掲載側の売上、利益減少が顕著になりつつある。これは上場ASPの決算報告書において各社が指摘している。

・ポイントサイト

上記ASPの多種多様な広告を利用し、ポイントサイト会員へ広告応募を行えば、一定割合のポイントを発行するサイト。そのポイントを貯め、一定量まで貯まると実際のお金に換金出来るサイトジャンルの総称。P(Pointの頭文字)サイト、PB(PointBack)サイトとも略される。

2000年頃から始まったと言われるが実際は不明で、現在は大小無数にあり、既に把握するのが困難な程のサイト数があると言われる。ポイントの貯め方はサイト毎に様々あり、会員はサイト内ゲームや、毎日、毎月発行されるポイントを獲得して、貯めていき、換金する事を目的とする。

上記ASPの中にはポイントサイトが該当ASPの売上の6割~8割を占める、ASPにとっては超重要サイトジャンルであり、大型ポイントサイトはASPが常に重要サイトと位置付け、ウチの広告を掲載してくれと、獲得競争を繰り広げている。

但し、ポイントサイトは基本的に超零細、または個人が運営しているケースが殆どであり、サイトからの利益圧迫、激減、その他の理由等による夜逃げ、サイト閉鎖、換金拒否などは日常茶飯事である。よって、信頼出来るポイントサイトと言うのはかなり限られるのが現状である。

また、有名TV番組に放送された事もあり、一般的認知度は上昇中である。

だが、広告応募などに対するインセンティブが主目的のサイトである為に、会員、時によってはポイントサイト運営側の不正が絶えず行われており、広告主が広告掲載許可をポイントサイトに出し渋るケースも増えている。ただ、広告主側からすると一般のアフィリエイトサイトからの広告応募は非常に少ないケースが多く、数が全く集まらないと言う事情もあり、仕方なくポイントサイトに掲載許可を出さざるを得ないと言う特殊事情も存在する。

残念ながら、現状のアフィリエイトサービスは通常のサイトでは訪問客そのものが広告自体に慣れており、過去のような広告応募を望める状況ではなく、ポイントサイトがASPの売上の大多数をたたき出しているという現状がある。

所がポイントサイト側も広告単価減少や成果条件の厳格化等により、収益が圧迫され出してきており、今更、参入しても既に儲からない状況になってきている。その為、資本が殆どない個人サイト、または零細企業のポイントサイト閉鎖が毎日のように発生しており、会員は貯めたポイントを換金出来ず、殆ど泣き寝入りをしているのが現状である。

ポイントサイトと言う形態その物は上記ASPの広告システムから派生しており、これもまたインターネットが無いと存在し得なかったシステムと言える。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。