インターネットビジネスで知っておかねばならない言葉を紹介。初心者・ど素人・後発組ビジネス向上に必要なアフィリエイト・SEO・情報起業・FX・健康関連ダイエット・老化予防対策等推奨情報も掲載

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

インターネットビジネス必須役立つワード&推奨情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バーチャルFXについて

バーチャルFXとは、各FX業者さんが持つ、FXトレードシステムで外国為替保証金取引(FXトレード)を擬似的に体験するシステムのことをいいます。バーチャルFXでFXトレードになれることで、証拠金の保全やリスクマネージメント、レバレッジの扱い方を学ぼうという物です。FX各社のシステムとまったく同じですが資金がバーチャルということです。

FXで失敗する人には共通しているポイントがあります。

FXで失敗する人に共通しているポイントは3つです。
損切りが出来ない
レバレッジのコントロールが出来ない(資金管理が出来ない)
常にポジションを取らないと気が済まない

さらにFX初心者の場合は、FXの注文操作を間違えるというポイントも加わります。
FXはご存知の方も多いかと思いますが、レバレッジと言って実際の自分の資金よりも多くのお金を動かせますので、 じつはこの初歩的な注文操作を間違えるということが致命的なミスに繋がることも十分にあり得ます。
では、どうすれば良いのでしょうか?
バーチャルトレードでしっかりと経験を積む事によって、 FXで失敗する原因をかなり解消できます。

FXって何?
FXとは「Foreign Exchange」の略で、 一般的には、異なる国・地域の通貨(例:米ドルと円)を交換する取引である「外国為替取引」のことを指します。 FXはどうやってやるの?
FXは、たとえば銀行の外貨預金のように、実際に売買する外貨相当の日本円を入金する必要はなく、もっと小さな額の資金(取引保証金)だけで、何倍もの大きな額の取引をすることができます。

このときの資金(取引保証金)と、実際に売買する外貨の金額の比率のことを「レバレッジ」といいます。このレバレッジが高いほど、少ない資金で効率的な取引ができますが、その反面、相場が予想と反対に進んだ場合のリスクもまた大きくなりますので注意が必要です。

FXはどうやったら利益が出るの?
FXでの利益の出し方は、大別して次の2通りがあります。
1.相場の動きを利用して利益を出す
FXでは、外貨を「安く買って、高く売る」ことにより、利益を出すことができます。 将来にわたって相場が上昇すると思えば、先に外貨を買って、後で売却することで利益を得ることができます。
また、FXでは外貨を持っていなくても先に売ることができますので、将来にわたって相場が下落すると思えば、先に外貨を売っておいて、後で買い戻すことで利益を得ることも可能です。

2.スワップポイントを貯める
スワップポイントとは、金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生する2国間の金利差調整のことを指します。 FXでは、その売買の期間と取引数量に応じて「スワップポイント」の受け払いが毎日発生します。高い金利の外貨を買ったときはスワップポイントを受け取れますし、反対に高い金利の外貨を売ったときはスワップポイントを支払うことになります。
スポンサーサイト
 「外国為替証拠金取引」とは外国為替(外国通貨)の売買を、一定の証拠金(保証金)を担保に、その証拠金の何十倍もの取引単位(金額)で売買が行える金融商品です。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう

日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されて、豊商事株式会社、ダイワフューチャーズなどが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品先物会社、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う業者もある。取引の仕方によってはハイリスク・ハイリターンとなるため、外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。



外国通貨(外貨)の売買単位は、米ドルの場合1万ドルまたは10万ドルといった単位で行います。 1ドル=120円とすると、1万ドルは120万円、10万ドルは1200万円相当の外国通貨(外貨)の売買を行うことになります。長所は、少ない証拠金(保証金)を担保に、大きな売買が行え、為替差益による大きな収益を得るチャンスがあります。 しかしその反対に短所も大きな損失を招く可能性があることなのです。

外国為替証拠金取引には、外貨預金・外貨建てMMFなど、他の外貨建て金融商品と比較して、以下の特徴がある。

多くの外貨建て商品では、通常外貨を買ってから後に売るという取引になるが、外国為替証拠金取引では逆に外貨を売ってから一定期間後に買い戻すことも可能である(いわゆる「売りから入る」取引)。また、日本円(JPYと略する)しか持っていなくても、「米ドル(USD)を売ってユーロ(EUR)を買う」といった取引も可能である。
レバレッジを利用することによって証拠金の何倍もの外貨を取引することができる。
為替レートが同一の時の、売り相場と買い相場(他の外貨商品でいう、電信買相場(TTB)と電信売相場(TTS))の差(スプレッド)が他の金融商品に比べて小さい。
金利差によるスワップポイントも、他の金融商品より有利な場合が多い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。