インターネットビジネスで知っておかねばならない言葉を紹介。初心者・ど素人・後発組ビジネス向上に必要なアフィリエイト・SEO・情報起業・FX・健康関連ダイエット・老化予防対策等推奨情報も掲載

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

インターネットビジネス必須役立つワード&推奨情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターネットオークションは、

インターネットを通信媒体として利用した競売(オークション)である。ネットオークションと略称されることもある。また、インターネットに限らずコンピュータネットワークを通信媒体として利用したオークションをオンラインオークションと呼ぶ。
[編集] インターネットオークションのシステム
以下では、最も一般的な競り上げ方式のインターネットオークションのシステムを説明する(ただし、ここで記載するシステムは最も代表的なものであり、全てのオークションで採用されているわけではない)。出品者及び入札者が行う操作は、通常、ウェブブラウザを通じて行われる。


[編集] 出品
出品者が、商品の名称、状態、写真、オークションの開始額、終了日時等の出品に関する情報をオークションサイトのサーバーにアップロードする。この出品情報に基づいてウェブページが生成され、オークションのウェブサイトに掲載されて、オークションが開始される。法律またはオークションの規定に違反する商品などは、運営者によって出品が取り消されることがある。


[編集] 入札
入札者は、オークションサイトが備える検索機能等によって、購入を希望する商品を選び、購入希望額を指定して入札する。希望の商品を探す方法としては、特定のキーワードをあらかじめ登録しておき、そのキーワードにあった商品が出品されると電子メールで通知するサービスも用意されていることが多い。商品が掲載されたウェブページは随時更新されており、最新の状況を確認することができる。入札額は、第三者に公開される場合(オープン・ビッド)と秘密にされる場合(クローズド・ビット)とがあるが、一般には公開されることが多い。

他の入札者によって、自分の入札額を上回る入札が行われた場合には、再度入札を行い入札額を競り上げることができる。最高入札額の更新を電子メールで通知する機能や、他者によって入札が行われた場合に、入札者があらかじめ指定しておいた限度額内で自動的に再入札を行う機能も一般的である。


[編集] 落札
オークションの期間が終了すると、落札者、落札価格が確定されて、商品のウェブページで公表されるとともに、入札者及び落札者の双方に電子メールで通知される。取引相手に関する詳細な情報は、商品のウェブページで入札者・落札者のみに提供されることもある。

その後の入金や商品の発送などの取引は、基本的に当事者間で行われる。ただし、メールアドレスを明かすことなく互いに連絡が可能な機能が準備されていたり、金融機関や運送会社などと提携して、入金や商品の発送を容易・安価に行うことができるサービスが提供されている場合も多い。

また、落札者と出品者とが互いに信頼できる相手かどうかを確認した上で入札や売買をすることができるように、オークションサイトのシステム上で、出品者が落札者を・落札者が出品者を相互に評価できるシステムを備えていることが多い。


[編集] ネットオークションの問題点
ネットオークションは数々の問題点をはらんでおり、様々な対策がなされているものの、どれも抜本的な解決策とはなっていない。抜本的な対策がなされていない点は、交通事故や殺人事件といった種々の社会問題に共通することではあるが、ネットオークションの場合には、その利用が一般市民に広がっていることや、急速な普及のために対策が追いついていないことから、問題点への対策がより強く求められている。


[編集] 詐欺・違法出品
出品者の本人確認が不十分なオークションサイトも多々あり、実際に販売する商品が存在しない・提供する意思すらないにもかかわらず商品を提示して、先払いなどで振り込ませた代金を騙し取る詐欺行為(→オークション詐欺)や、以下のような違法な商品が出品されるケースも見られる。

特に、違法な商品を出品する際、実物の名称をそのまま出すと即座に通報され、逮捕となるため、一般に聞き慣れない隠語や符丁などの暗号を用い、別の商品に見せかけるケースも後を絶たない。

コピーソフトや海賊版のビデオ・DVDなどで(企業の)著作権を侵害するもの
本来、個人の著作物にかかる著作権も対象に含まれるべきであるはずだが、あまり問題にされない。
偽ブランド品やコピー商品などで商標権を侵害するもの(偽物であることを明示し、本物より安い価格で落札させた場合であっても同罪となる)
特に悪質なケースでは、偽物だと明示せず本物の画像を提示するケースも報じられる。偽物の商品を本物だと偽れば詐欺罪にも問われる。さらに、偽物だと認識して購入すれば、購入者は幇助罪に問われる。
偽造金券類で有価証券偽造罪に該当するもの
非合法(盗品・偽造)もしくは権利者が売買を禁止しているチケット[2]
盗品または盗品の疑いがあるもの(盗品ではない、という事実を証明できないもの)で、盗品等関与罪に該当するもの
麻薬、覚せい剤、シンナー、トルエンなどの違法な薬物全般(市販されている医薬品の出品も禁止されている)
拳銃、ライフル、散弾銃や日本刀などの銃砲刀剣類=銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)に違反するもの
無修正の裏ビデオや児童ポルノなどの猥褻物(使用済みの下着や制服なども猥褻物として扱われており、出品が禁止されている)
また自転車操業で、客から代金振込みを待って商品仕入れする業者も見られ、このようなケースでは業者が破綻した際に、先に振り込んだ代金が業者の持つ負債により、業者ごと「消える」という事態も発生している。

最近ではオークションサイトを運営する企業側の管理責任も社会的に取りざたされはじめ、Yahoo!オークションにてプレミアムショップとして登録された業者を利用し詐欺に遭った被害者573人がヤフーにも管理責任があるとして、約1億円の損害賠償を求める訴えを名古屋地方裁判所に起こしている。

2006年12月には、Yahoo!オークションストアに登録していた「家電ドットコム株式会社」が落札金額を受け取っておきながら商品を発送しないという詐欺被害が急増。落札件数は1,713件、落札総額は約1億9,440万円に達するとしている。そのうち、被害を受けたのは989件、被害総額は約8,786万円としている。Yahoo!側は被害に対して補填すると説明した。

オークションサイトの相互評価システムを悪用したケースも見られ、悪質な出展者が複数取得した自分の・またはフィッシング詐欺等で盗んだアカウント(利用権)を使って、あたかも優良な出展者であるかのように自己評価を上げたりした事例では、数多くの優良な取引実績のある出展者だと誤認、騙されるケースも出ている。

なお、このようなケースでは

評価が書き込まれている時間が、平日の昼間のように不自然な時間帯に集中している
評価内容の文章や評価者の自己紹介プロフィールに不自然な点が見られる
などの特徴も見られる。 日本においては海外、特にアジア地域からの出品者などは海賊版や転売詐欺などが多いとされる。

警察としてもこれら詐欺行為に対し捜査はしているものの、詐欺者が今まで取引されたオークション全てを調査しなければならず、多大な時間を掛けなければならないため、警察でもほとんど立件出来ないのが現実で、被害者も泣き寝入り状態であり、早急な法改正や本人確認の強化が必要だといわれている。

なお、不動産や中古車のように、高額でかつ購入後に公共機関への諸手続き(登記、ナンバープレートの登録、自賠責の加入など)が必要な商品のネットオークションでの購入については、出品者の対応以外にも、できれば現地に出向いて実物をチェックするなど慎重に進める方が良い。

ちなみに盗品が出品されているのに気付いた被害者が、オークションサイトの管理側に訴え出たにも拘らず管理側の対応が遅く、結局として盗品を出品した人物に逃げられてしまうとのケースも発生している。当初はそういった違法行為向けの対策が全くなされていなかったが、現在Yahoo!オークションでは知的財産権保護プログラムを導入している[3]。ただ、これらの対応も被害者が届け出て初めて判明するケースも多く、相当数の盗品・不正流通品などが出回っている可能性もある。


[編集] 転売行為
地域やイベント等での限定販売品や市場で品薄の商品などに対し、始めから転売目的で買い占め、オークションサイトで定価(または希望小売価格)以上のはるかな高額を付けて出品するダフ屋然とした行為もたびたび見受けられる。特に同人誌においてこの手の行為が横行している(本格的な同人ショップ[4]の店舗がない地方の在住者にとっては購入のチャンスという声もある)。

またプレイステーション3の発売に際してはテレビや新聞などのニュースなどで「転売目的で購入していった者も多い」とたびたび報道された[5]。こういった転売目的の人物は『転売屋』『テンバイヤー(転売+バイヤー)』とも呼ばれている。また、かつてTBS『がっちりマンデー』で転売を肯定し、奨励するかのような放送をしたこともある。

他にも、金品やその他のトラブルの原因となりかねないという理由から、以下のように製造者やイベントの開催者および権利者の判断で懸賞の賞品やイベントのチケットをオークションへ出品することを禁止するよう呼びかけているのもあるが、これらは私人間の契約の問題であり、厳密に言えば法的な問題が生じる可能性はあるものの、偽造や盗品などの法律上取引が禁じられているものではないため、実状は黙認され続けているという問題がある。

コミックマーケットおよび同人誌即売会のサークルチケット(出展サークル専用通行証)
コミックマーケットの開催1ヶ月ほど前から多数出品され、数万円単位で落札されるものが多い。
転売による金儲けだけでなく、ダミーサークルの発生も助長するという理由から、コミックマーケット準備会ではオークションなどへの転売を認めておらず、チケットには「本通行証の売買・交換(金品を代価とする譲渡)を禁止する」と記載されている。
→コミックマーケット#サークルチケット転売問題・ダミーサークルの項に詳しい。
官庁からの各種招待券。
陸上自衛隊『観閲式』・『富士総合火力演習』・『体験搭乗』
海上自衛隊『観艦式』・『展示訓練』・『体験航海』・『体験搭乗』
航空自衛隊『航空観閲式』・『体験搭乗』
海上保安庁『観閲式・総合訓練』
などの招待券が、インターネットオークションに複数出品され、当該の官庁には「高額で取引されている」などの苦情が寄せられている。また招待客と往復はがきにより抽選の結果当選した方々に送られる『駐車場券』も出品されたケースもあり、中には偽造された『駐車場券』もあったと言われている[要出典]]]。
企業との規約で売買を禁じている物(懸賞で得た非売品の景品、会員ポイント、オンラインゲームのβ版アカウント等)
近年では雑誌の懸賞でも掲載賞品全てにネットオークションへの出品等の「第三者への賞品譲渡の禁止」を応募条件として記載されていることが多く、違反した場合には当選取消と賞品の返還や価格賠償等の責任を負わされる。

これらの行為に対しては「行けなかったイベントの限定品や地方によって手に入りにくい商品が買える」と肯定する側もいれば「本来購入を望む者や地方在住者に商品が適正な価格で行き渡らず、暴利を助長する」と非難する側もいるため、賛否両論に分かれている。

いろいろな情報があるが、初心者から始めるなら
『素人が月収30万円以上稼いでいる方法』
http://www.affilitool.com/file/21622.html
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sigezea3.blog15.fc2.com/tb.php/64-79485b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。