インターネットビジネスで知っておかねばならない言葉を紹介。初心者・ど素人・後発組ビジネス向上に必要なアフィリエイト・SEO・情報起業・FX・健康関連ダイエット・老化予防対策等推奨情報も掲載

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

インターネットビジネス必須役立つワード&推奨情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイエット(英:diet)とは、
健康や美容などを目的として、食事の量・質(カロリー)、食材の種類・バランスなどをコントロールすることである。

ダイエットの一例

食事の総カロリーを制限する
摂取カロリーを減少させる
生活習慣病の予防、特定の治療効率の増大、痩身、またそれに伴う関節などへの負担を減少させ関節症などの症状を和らげることなどを目的として、食事の総カロリー量に一定の上限を設定する。「摂取カロリー<消費カロリー」の状態を保つことにより、体重が減少することを期待して行う。

摂取カロリーを増加させる
相撲などのスポーツ選手や、虚弱体質の改善など、体重を増加させることを目的として、食事の総カロリー量に一定の下限を設定する。「摂取カロリー>消費カロリー」の状態を保つことにより、体重の増加することを期待して行う。

食事内容を制限する

(相対的に)過大な要素を減らす
高血圧における塩分制限、糖尿病における砂糖の制限(代替の人工甘味料を用いる場合がある)、高脂血症における油分の制限などで、該当疾病の病状増悪防止や予防、治療効率の向上を目的として行う。なお、糖尿病の場合は、前述「総カロリーの制限」も併用する。また、腎臓病の場合は、塩分やタンパク質の制限を行うことがある。
(相対的に)過小な要素を増やす
低血糖症における糖分摂取、持久走など運動の前に行う炭水化物を主体とした食物の摂取(カーボ・パーティー)、鉄欠乏性貧血の場合に鉄分を多く含む食物の摂取、便秘症の場合の食物線維豊富な食事の推奨、美容のために各種ビタミン類を多く含む食物の摂取など。場合によっては保健機能食品によって不足分を補うこともある。手軽なため流行しているが、本来は日常の食事で補うべきものである。

薬剤の禁忌によるもの
疾病治療時の薬剤によっては、特定の食物を制限することがある(例:ワーファリン服用時の納豆摂取の禁止)。
同種の栄養素の異なる形態のものを使う
ジュース類など、砂糖が多く含まれる飲料を摂取すると、急激に血糖値が上昇し、身体はそれに対処するため、膵臓より大量のインスリンが分泌されて血糖を下降させ、血糖値の急激な変動がおこる。この極端な変動は、肥満に結びつきやすいという指摘があり、また心理面に影響し、いわゆる「キレやすい」状態をひきおこすという説を唱える者もいる。米などの炭水化物で糖質を摂取したほうが、血糖値の上昇はゆるやかであり、比較的安定に推移する。

炭水化物の摂取を制限する
時間的な制限を行う(例、夕方以降は摂取しない)
現在の食事習慣では、身体的に朝、昼に摂った炭水化物で十分であることが多く、運動量が収束に向かう夕方以降の炭水化物摂取は消費されにくいため、糖尿病や肥満の防止につながるという考えに基づく。
食事の中の割合を減らす。
炭水化物は消化が良いため血糖値の上昇が早く、それに伴い多く発生するインスリンが体脂肪の生成を促進させるため肥満につながるという説があり、「炭水化物抜きダイエット」として盛んに実践されている。

食事の摂取量・頻度を制限する
一回の摂取量を減少させる
消化管の手術の後など、一度に処理できる食物の量が限定される場合、一回の食事の総量は減少してしまうが、一日の必要カロリー量を維持するために、食事の回数を増加させなければならない。
一回の摂取量を増加させる
相撲の力士は、一回の食事量を増加させて食事の頻度を減少させるといわれている。頻度を減らすことにより一時的な飢餓状態になることで栄養吸収率が上がるため、同じ総カロリー数であれば太りやすいと考えられている。(一回の食事量を極度に増やすことにより次第に他の二回のの食事量が減少して結果的に摂取カロリーが減るという説もある。)


痩身(そうしん)とは、ダイエットやエクササイズ(運動)、器具や手術などの方法を用いて、より健康的もしくはより細い(または引き締まった)体型を目指して行動を起こすこと、あるいは行動している状態、または既にそのような体型である状態の事である。

痩身には、多数の方法がある。

ダイエット(食餌療法)-
エクササイズ(運動)-運動療法も参照のこと。
器具
手術
痩せ薬

ダイエット(食餌療法)
食餌療法による痩身の基本的な考え方は、「基礎代謝による使用カロリー+運動や活動による使用カロリー」を変えない場合、「食餌による摂取カロリー」を少なくすることで痩身を期待するというものである。

基礎代謝というのは、何もせずにじっとしていても、生命活動を維持するために生体で生理的に行われている活動である。相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に女性で約1200、男性で約1500キロカロリー(kcal,Cal)とされている。
痩身目的での食餌療法の際に注目すべき栄養素は「脂肪」「炭水化物(糖分)」「たんぱく質」であり、1gあたり脂肪は9キロカロリー、炭水化物は4キロカロリー、たんぱく質は4キロカロリーの熱量を持つ。

ゆで卵ダイエット、りんごダイエット、豆腐ダイエットなどと呼ばれている、単一食品やほとんど単一の栄養素によるものを食べ続ける食餌制限法や、米(炭水化物)のみを全く摂取しないなど、特定の栄養素を欠く形の食餌制限も見られるが、これらのような栄養素の極端な偏りは、一時的な痩身、体重の減少につながる場合があるが、生命に関わるほど健康や美容を損ねることもある。同時に、一時的に減量できたとしても、元の食生活に戻した時点でリバウンド(後述)することが予測される。
(これに関連して、TVやインターネットで紹介された偏食ダイエット法が、まったく根拠のないものであったり、実験データが捏造、もしくは不十分であったりして、後に健康被害が発生した例が実際に報告されている。[1])
サプリメントを服用することにより、結果として食事の内容や量、バランスを変化させたのと同様の効果を期待するものもある。
その類のサプリメントには大きく分けて「通常の食事の代わりに服用して満腹中枢を刺激する(結果として摂食量の減少が期待できる)」もの、「食事中に含まれる、熱量となる栄養素の一部吸収を阻害する」もの(例:カテキン、キトサン)がある[要出典]。(詐欺・健康被害に十分注意のこと)。

エクササイズ(運動)
エクササイズよる痩身の基本的な考え方は、「食餌による摂取カロリー」を変えない場合「基礎代謝による使用カロリー+運動や活動による使用カロリー」を大きくすることで痩身を期待するというものである。

運動により、体内の備蓄エネルギーの大半を占める体脂肪を消費させることで、痩身を期待する。単に「体重を落とす」という意味ではなく、筋肉量の増加によるいわゆる「引き締まった身体」を目的とするケースも含む。この際、外見上は以前より細く見える場合ても、体重はむしろ増えていることもある。
筋肥大によって、基礎代謝量および運動時の消費カロリーが増大することを利用し、痩身を期待する。筋1kgの基礎代謝量は50kcal程度といわれている。また筋肉量が増加すれば、以前と同レベルのエクササイズを行ってもより多くの筋肉量がその運動に参加することになり、消費カロリーも大きくなる。また筋力強化によって負荷自体を増大させることも出来るために、更なるカロリー消費の増加が期待できるという効果も考えられる。
中性脂肪から遊離脂肪酸への分解は、体内で常に起きている
エネルギー源として脂肪は常に血液中に存在するが、最初に運動で用いられるエネルギー源は血中の糖分(ブドウ糖)由来のもの(解糖系によるエネルギー)といわれている。糖分は迅速にエネルギーに変換されるため、運動初期、とくに運動開始時に急激に必要エネルギーが増大したときに用いられやすく、その後、遊離脂肪酸からエネルギーが作られていき、運動が安定していくと徐々にそちらに切り替わる。
分解された遊離脂肪酸は、使われなければまた中性脂肪に合成される
カプサイシンやカフェインなど、中性脂肪から遊離脂肪酸への分解を促進することが知られている化学物質も、摂取するだけでは遊離脂肪酸自体は消費されずに余剰の状態で再び中性脂肪に戻っていくので、減量には寄与しない。交感神経系が活発化することで基礎代謝量が上昇する効果は期待できるが僅かである。またそうした物質の持つ興奮作用でエクササイズの効率を高めるともいえるが、精神作用物質の効果で無理に身体に負荷を掛けることは安全とはいい難い。
脂肪がエネルギー源として使われる割合が最も高いのは安静時である。
高強度運動では筋グリコーゲンや肝グリコーゲン(糖質)が主に消費される。
グリコーゲンが枯渇した状態で食物を摂取すると、食物中の糖質はグリコーゲンの補充に使われる。
グリコーゲンが充足した状態で食物を摂取すると、食物中の糖質は脂肪の合成に使われる。
以上の4点から、高強度運動を行った場合、運動によって直接消費される脂肪は少ないものの、次回の食事はグリコーゲンの補充に使われ、合成される脂肪は少なくなる。その一方で、安静時(非運動時)には体脂肪が主なエネルギー源として使われるため、結果として体脂肪は減少する(食事のエネルギーが運動と基礎代謝の消費エネルギーより少ない場合)。一方、低強度運動で脂肪のみ使ったと仮定しても、筋・肝グリコーゲンが減少していない状態で摂った糖質はほとんど脂肪の合成に回されてしまう。結局、高強度であっても低強度であっても、体脂肪の増減は摂取カロリーと消費カロリーの差のみに依存することになる。
体型や運動経験によって、適する運動量は異なる。痩身目的で運動する人には、低強度から中強度の運動が勧められる。それは主に以下のような理由からである。

太り気味あるいは肥満の人は、もともと運動が嫌いで運動不足になっている可能性が高いと考えられるため、辛い高強度運動では運動に対する意欲が継続できない可能性が高い。
運動不足の人が突然高強度運動を始めると、様々な故障の原因となりやすく危険である。
日常的に運動を行っており、高強度の運動を行う基礎体力が十分備わっている人が更に減量を行おうとする場合、低中強度の運動は退屈でかえって苦痛であり、また同じ運動時間では高強度運動よりも消費カロリーが少ないので効果が現われにくい。そのような人は痩身のために無理をして低中強度の運動を長時間行う必要はない。
体脂肪などは直接運動エネルギーとして消費される以外に、運動のために代謝が活発になる(体温の上昇)ことによっても消費される。このことは特に低強度から中強度の運動では重要になる。水泳などでは運動中・運動後に体を冷やさないように注意すると効率よく消費するカロリーを増やすことができる。

なお、高強度運動によって筋組織のたんぱく質が分解されることにより生成されたアミノ酸をエネルギーとして使用するので筋線維が縮小して基礎代謝を下げてしまうといったことも言われるが、これは体内の糖質も中性脂肪も枯渇してしまった極端な飢餓状態での話であり、健康な人が運動する限りにおいてはほとんど問題にはならない。通常は、食事によってたんぱく質を十分補えば、超回復によって筋線維が強化される効果の方が大きいと考えられる。


器具
ほとんどすべての器具には効果がないことをわきまえて使用する必要がある。

主に脂肪を器具によって燃焼させることにより部分的に減量することを目的とする。
利用される方法は熱(サウナスーツ)、高周波、低周波、磁力など。ガードルも見た目をスマートに見せる意味で、広義にこの範疇に含むことが出来る。
エステティックサロンなどでマッサージによる「脂肪のもみ出し」を行うことにより脂肪の流動性を高める、あるいは脂肪細胞を破壊し血中に溶出させ脂肪量を減少させるという方式もある。器具によるものではないが、物理的な外力による脂肪の減少効果を狙ったものとしてここに含めた。ただし、血中に脂肪が溶出しても、再び体脂肪として蓄積されてしまうことは予測できる。

手術
効果が無かったり、危険なものがある。

美容整形のうちの一つとして腹部などの皮下脂肪を切除したり、吸引する。
食事量の減少や摂取カロリー量の減少を期待するため、胃の一部を縛ったり胃や腸の一部を切除したりするという方法もあるにはあるが、一般的ではない。

痩せ薬
効果が無いばかりか、危険なものが多い。

ダイエット・痩身法と詐欺・健康被害

ダイエット・痩身法は、詐欺や健康被害に結びつきやすい分野でもある。問題を起こしやすい例として、以下のようなものがあげられる(実際には、この中の複数の項目に当てはまるケースが多い)。

副作用が強い薬や、有害な成分を含むダイエット食品
期待される効果やサービスの内容に対して著しく料金が高額なもの
科学的に効果が期待できないもの
波動・アルカリ性食品など、オカルトや疑似科学を理論の中心に据えているもの
捏造または信頼性の低い実験データを根拠としているもの、そもそも実験すら行っていないもの
科学的な検証に堪えないアンケート結果や「体験談」を根拠としているもの - バイブル商法の項も参照
宣伝・勧誘の方法に問題があるもの
不安や恐怖心を煽るような形での勧誘を行うもの
宣伝に登場する「専門家」の経歴が、ディプロマミルなど信用に足らないケース
クーリングオフに応じない例
フィットネスクラブなどで、最初は低料金のコースで入会させ、後から高額のコースへの変更や別料金が必要なオプションの追加を行わせるもの
カルトなどが美容や痩身を謳った本やサークルを勧誘の手段とするケース - 法の華三法行など
こうした被害に遭わないためには

安易な「万能薬」を求めない。
メディアリテラシーを高める。
契約や購入を行う前に、リスクの有無や本当に効果が見込めるかどうかをきちんと確かめる。
などの心構えが必要になる。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sigezea3.blog15.fc2.com/tb.php/77-b0c51cfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。