インターネットビジネスで知っておかねばならない言葉を紹介。初心者・ど素人・後発組ビジネス向上に必要なアフィリエイト・SEO・情報起業・FX・健康関連ダイエット・老化予防対策等推奨情報も掲載

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

インターネットビジネス必須役立つワード&推奨情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SEOとは、

ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。また、その技術。
検索エンジンに高く評価されるサイトを制作し、キーワード検索の検索結果の高位置を狙う技術や制作手法をいいます。
検索エンジンがHTML ページの中だけを評価して検索結果の順位を決定していた時代には、SEOは単にHTMLをチューニングする技術でした。
現在の検索エンジンは、検索エンジンのユーザーの利便性を高めるために、一般のユーザーに支持されるサイトを検索結果の高い位置に表示します。
検索結果の順位はサイトの実力を反映したものとなったのです。このため、現在のSEOは、ユーザーに高く支持されるような、実力の高いサイト制作を行う技術や手法にまで発展しています


キーワードが占める割合によって適合度を算出
検索エンジンが検索キーワードとWebページの適合度を測る指標の1つとして、キーワード出現頻度があります。検索キーワードがどれだけ含まれるかの割合によって、Webページの重要性を判断するものです。特定の語句が高い割合で含まれる文書は、割合の低い文書に比べて、その語句との関連の深い文書であるといえます。そのことから、検索エンジンは、基本的にはキーワード出現頻度の高いWebページに対して強い重みを付けを行います。(ただし、同じキーワードを多数詰め込むことで検索エンジンの評価を高めようとしたスパム行為が行われた歴史への反省から、あまりに高いキーワード出現頻度に対しては、スパム行為によるものだとして評価を落とします。)

キーワード出現頻度の調べ方
キーワード出現頻度は、次の式で算出します。

キーワード出現頻度(%)=特定単語の使用数/ページ内で使用されている単語の総数X100

このとき、「ページ内で使用されている単語の総数」とは文書内の文字数・文字量ではなく、文章を構成する個々の単語のことです。例えば、「朝の天気予報」という文の場合、単語に分けると「朝/の/天気/予報」という4つの単語に切り分けられます。この文での「朝」という単語のキーワード出現率は、1/4X100=25(%)となります。

キーワード出現頻度の適正な範囲
最近の検索エンジンは、キーワード出現頻度をスコアリングに用いる際、単に割合の高さを重視するのではなく、適正な範囲内に収まっていることを重視するようになっています。通常のWebページであれば、適正なキーワード出現率は2〜7%の範囲におさまり、検索エンジンにとって最も適切な割合は5%程度です。ただし、キーワード出現率だけを特別に重視することはありませんので、極端に高い割合にならなければ問題はないといえます。

最適化の手法
検索エンジン最適化には、様々な手法が利用される。適切なキーワードをタイトルやページ先頭に持ってくるというのが基本的な手法であるが、業者によっては、検索エンジンスパムと呼ばれる手法が利用されることもある。ただし、検索エンジンスパムを利用したことが発覚すると、検索エンジンのインデックスから削除されるなどのペナルティが課せられる。特定のドメイン・IPアドレスを検索対象から除外するペナルティもあり、ドメイン・IPアドレスの再取得といった多大なコストがかかってしまうことがある。

2008年当初に、Googleではウェブページの順位決定のアルゴリズムにキーワードとリンクの意味づけとは無関係な時間的に新しい記事を優先するというルールを採用したのではないかという観測があり[1][2]、この観測が正しいならば最適化手法の見直しが必要になるであろうとともに、広く重要性が認められる情報が検索結果上位に表示されなくなるという恐れもある。


目的キーワードの分析
検索エンジン最適化の出発点は、対象としたいウェブ利用者がどういったキーワードで必要とする情報を探しているかを理解することである。例えば、製品やサービスを比較しながら探す場合、検索ボックスには製品の固有名詞ではなく一般名称が、特定製品の機能名ではなく一般的な機能名が打ち込まれる傾向にある。この語句の集合は目的キーワード群または目的語句と呼ばれる。目的キーワードを設定することで、ページデザインなど他の最適化項目に進むことができる。


[編集] キーワードに沿ったページの構成
ある検索キーワードによる検索結果で上位にくるには、ページは検索キーワードに合致もしくは関連するキーワード群を含んでいなければならない。

あるページが、あるキーワードにどの程度関連しているかは、検索エンジン・スパイダーのアルゴリズムに基づいて決定される。そのアルゴリズムはウェブページの順位を決定する公式を計算する。検索エンジンは、ウェブサイトが閲覧されるときに閲覧者が読もうとするテキストをHTMLの文書構造などに基づいて整理し、そのページは何を記しているページで、あるキーワードに対する関連性がどの程度かを判断する。


リンクの作成
多くの検索エンジンでは、ページの価値を判断する基準に、そのページがどれだけ他のページからリンクされているかという観点を採用している。したがって、ウェブ上の他の関係あるサイトに自分のコンテンツについて通知し、リンクを求めたり、自己が運営する既存のサイトから適切なリンクをはったりすることが対策として行われる。

また、スパイダーはコンテンツのハイパーリンクを辿って巡回を行うので、検索エンジンに登録してもらいたい場合、そのページへのリンクを作成しておくことが必要になる。「サイトマップ」を作成することはその手法の一つで、推奨されていることでもある。サイトマップは、トップページやサイト上のすべてのページからリンクされているのが好ましい。このようなページがあると、ひとたびスパイダーがサイトを見つけた時に、そのサイト全体が索引化されることが保障される。


HTMLによる最適化
検索エンジンは、HTMLのtitle、meta、strong、hnの各要素などを重視すると考えられているため、重要なキーワードをこのタグで囲って、重要であることを示すこともされる。

なお、この手法は、過度に行うと検索エンジンスパムとみなされるため、注意が必要である。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sigezea3.blog15.fc2.com/tb.php/78-11e9f64e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。